求めることが無い

求める2人はもう安定した関係になっているね。
・・・そう友達から言われることはとても嬉しいことですし、それだけ2人で居ることが
自然体に見えていることだという認識を持っていましたので
「こうして2人で歩いてこられて良かった」
と思ったりしていました。

私たちが付き合い始めて3年目。
もちろん、喧嘩をする事もありましたがもうその頃には喧嘩もしなくなってきていました。
それは丁度良い距離感を掴んだという事もありますし
互いの沸点を分かり合っているからこそ、言葉を上手く選べるようになったともいえます。

こうして安定した関係を続けていたのですが、どこかにすっきりとしない感情がうごめいていました。
それは「求めることが何も無い」というところから起因していたように思うのです。

彼に不満も無いけれど、1つとして求めることがなくなったのです。
それを満足と呼べばよいのかもしれませんが、私は危機的なものを感じずにはいらませんでした。

交際そのものは続いていったのですが、ある時からお互いにコンタクトを取り合わなくなり
それが恒常化してしまい、自然とそれぞれの時間ばかりを多くもつようになりました。
その先に待っているのは、別れでしかなく
1回の話し合いを持って私たちはそれぞれの道へと進むことになりました。